CNSヘルスケアの災害対策サービス

CNSヘルスケアの災害対策サービス

CNSヘルスケアは現在、オークランド地域医療ネットワーク(OCHN)、デトロイトウェイン統合医療ネットワーク(DWIHN)、マコム郡地域精神保健局(MCCMHA)と連携し、3郡強力危機相談プログラム(CCP)に所属しています。CCPは、米国国土安全保障省(DHS)と連邦緊急事態管理庁(FEMA)から資金提供を受け、物質乱用・精神保健サービス局(SAMHSA)が監督しています。

トライカウンティーのCCPの使命は、地域に根ざしたアウトリーチと心理教育サービスの提供を通じて、自然災害や人災の影響から個人と地域が回復するのを支援することである。CCPは、被災者が自分の現状と反応を理解し、ストレスを軽減し、対処法を開発し、精神的な支援源にアクセスし、被災者の回復過程を支援する他の個人や機関との連携を促進するための短期介入を支援する。危機管理カウンセラーは、対面、電話、テキスト、チャット、Eメール、オンライン会議プラットフォーム(ZoomまたはTeams)を通じて対応します。

CNSヘルスケアは地域社会で積極的に活動し、信仰に基づく組織、企業、法執行機関、社会サービス機関などとの関係を構築し、教育を提供しています。私たちは、リスクの高い状況や洪水で被害を受けた地域の人々をサポートすることが可能です

CCPのフライヤーはこちらからダウンロード・共有できます。 

この投稿を友達にシェアする

facebookでシェアする
Twitterでシェアする
リンクトインで共有する