クライシス・サービス

クライシス・サービス

自殺防止ホットライン

Oakland County
Crisis Line(クライシス・ライン

Wayne County
Crisis Line

Macomb County
Crisis Line

2.1.1 ミシガン州

2-1-1にお電話ください
ミシガン州の2-1-1は、健全で安全な地域社会を築くために、人々と情報 健康で安全な地域社会を築くための情報とリソースを提供します。

クライシスインターベンション

CNSヘルスケアの危機介入(CI)プログラムは、24時間365日のオンコール対応、営業時間中のウォークイン、または他の手段による対面評価やバーチャルケア予約を提供します。危機を評価し、対面、電話、または追加的なリソースとの連絡により、即時の安定化を提供します。 例えば、DVシェルターのHAVEN、地元の警察、救急車、Common Ground、地域の病院、24時間営業のウォークイン・センターなどがあります。

クライシスインターベンション
クライシス・プランの策定

クライシス・プランの策定

メンタルヘルスケアのための計画は、サービスの重要な要素です。 CI計画は、最初にインテーク時に作成され、毎年見直され、また治療中にいつでも修正することができます。 もし、あなたが自分の人生を管理するのに問題があったり、意思決定能力を失ったりした場合には、あなたのCIプランが実行されます。

どのような計画行動も完全に任意です。 行動方針を決めたら、次のステップは比較的簡単で、安価か無料であり、パーソン・センタード・プランニングのプロセスの一部とすることができます。

ケースマネージャーは、あなたの希望やニーズが満たされるように、計画をいつ更新すべきかを判断するお手伝いをします。

クライシス・プランの策定

精神医療に関する事前指示書の作成

ミシガン州の法律では、成人は精神医療事前指示書(PAD)-行動医療に関する具体的な計画-を作成する権利を持っています。 PAD は、危機的状況に陥ったときに、どのような治療を望むか、望まないかを判断することができない場合に、 危機的状況に陥る前に意思決定を行うためのツールになります。 これによって、あなたが自分で話すことができないときに、家族、友人、サービス提供者な ど他の人たちが、あなたが何を望んでいるかを知ることができるようになります。